スマートフォンサイトを表示する

院長あいさつ

関節疾患 脊椎疾患
関節リウマチ 外傷一般

略歴

治療方針

X線検査

整形外科で最も大切な検査です。
デジタル処理ですので画像も鮮明です。

骨塩定量

骨密度を測定し骨粗鬆症の診断に使います。
DXA法を採用し、短時間で正確な診断が行えます。

超音波断層検査

一般的にエコーとも呼ばれ、赤ちゃんの股関節や肩の腱、四肢の腫瘍などに有効です。

血液・生化学検査

細菌感染や関節リウマチ、痛風などの診断にはかかせません。
また、薬物を長く飲んでいる方や生活習慣病が心配な方などにも行います。

院外検査

●MRI検査
X線には写らない神経、椎間板、腫瘍などが克明に描画されます。当院にはこの機械はありませんが、他院と契約していますので、必要があれば随時予約が可能となります。

スーパーライザー(近赤外線レーザー照射装置)

スーパーライザー(東京医研)は身体の深いところまで届くように考えられた温かい光(近赤外線)で、痛い部分の血の流れをスムーズにし痛みのもとを洗い流してくれます。

●スーパーライザーの光を当てるだけで心地よい温感があり、痛みを柔らげ健康増進を図ります。またストレスなどで緊張している神経を、正常な状態に戻してくれます。スーパーライザーの利点はここにあります。

●みなさんがストレスを受けると、自立神経の中の交換神経が興奮し血管を縮めます。血管が縮まると酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなり、さまざまな痛みや身体の変調を訴えるようになります。このような症状を和らげるために、のどの一カ所にスーパーライザーを照射する星状神経節近傍照射という治療法があります。この治療法は痛みがなく、安全で副作用もない治療法で腰痛、頚物などの治療に用い、一般的に効果が出ています。

頚椎・腰椎自動牽引マッサージ装置

主に頸椎や腰椎の椎間板ヘルニアなどの疾患に用います。同時にマッサージも出来ますので、かなり心地よいと思います。

遠赤外線全身温熱治療装置

遠赤外線で全身、もしくは下半身をじっくり暖め、身体の深部細胞の活性化をもたらします。慢性の腰痛や関節痛に有効です。

キセノン光線照射装置

基本的にはスーパーライザーと同じような作用です。照射範囲が広いため頚肩部や腰部などの広範囲の痛みに有用です。